ー仮面ライダー生誕35周年記念ー  
冒険王Ver.
完全版 新・仮面ライダー
哀哭編―1号、2号、V3
平成18年6月12日発行/■全822ページ/A5判
発行所=ミリオン出版
■ISBN4-8130-2041-0
価格 2200円(税別)
著者 -原作-
石ノ森章太郎

-まんが-
すがやみつる

1972年連載開始。『新・仮面ライダー』とは?

『新・仮面ライダー』は、月刊漫画誌「冒険王」(秋田書店)1972年7月号よりスタートしました。執筆は、当時石森プロに所属していた、すがやみつる。デビュー作「テレビマガジン」連載版『仮面ライダー』に続く登板でした。タイトルに「新」と付いているのは「テレビマガジン版」との差別化のためです。「テレビマガジン版」にくらべ、ページ数も多いため、読み応えのある重厚なストーリー、一度に複数登場する怪人、過激なアクション描写等で、子供たちに爆発的な人気を得ます。それまで「冒険王」は、部数低迷に悩んでいましたが、この『新・仮面ライダー』によって盛り返し、第二の黄金期を迎えました。


↑第1回『フクロウ男の日本列島破壊作戦』扉イラスト。

未単行本化の原稿を大量発掘、これぞ完璧!!

 サンデーコミックス、秋田コミックセレクト等何度も単行本化された『新・仮面ライダー』(と、続く『仮面ライダーV3』)でしたが、一度も全エピソードが単行本化されたことはありませんでした。「未単行本化」原稿の多くは、長い年月の間に所在が分からなくなっていましたが、石森プロ他の関係者のお力で、その大半の原稿の発見に成功しました。幸いにも原稿の状態は良く、一部の原稿未発見部分もデジタル技術等によって印刷物を徹底的に修正いたしました。いままで読んだどんな『新・仮面ライダー』よりも美しい『新・仮面ライダー』をお届けします。

←未単行本化原稿の入った「冒険王」「石森プロ」等のロゴ入り封筒。

初単行本化! V3改造前の風見志郎が活躍する幻のエピソード

『哀哭編』初単行本化エピソードは全4話。ファンの間で伝説化していたV3改造前の風見志郎登場回『仮面ライダー対ショッカー・ライダー』も収録されます。仮面ライダーのしわざとされる銀行襲撃事件が続発、本郷猛は孤独な捜査を開始します。一方、本郷の後輩・風見の父が謎の怪人に殺される事件が起き……。ラストはダブルライダーがショッカーライダー軍団と死闘を繰り広げる『V3』に向けドラマも複雑に展開する『仮面ライダー』クライマックス期の名作です。他は、シリーズ初の再生怪人登場回『ゲル・ショッカー…悪魔復活の日』、石ノ森版『よみがえるコブラ男』を彷彿させる『恐怖!デストロン……』、異色の怪奇編『怪人ドクバリグモ 悪魔の子もり歌』。幻の名作が、ついに復活です!

←『仮面ライダー対ショッカー・ライダー』より。

エピソード、扉イラストを初出時の姿に再現

 すでに単行本化されているエピソードも連載時の扉イラストを再収録、単行本時にバラバラになっていた話数も初出順に再編さんしています。過去の単行本では、元々別々に物語が展開していた「冒険王連載版」、「別冊冒険王連載版」が混在していました。例えば『仮面ライダーV3』では、「冒険王」『怪人イカファイヤー・にくしみのほのお』の後に「別冊冒険王」『怪人イカファイヤー』を『イカファイヤー反撃』として収録していたのです。『完全版 新・仮面ライダー』を読めば、エピソードをまたぐ伏線や、物語全体の流れなど、「すがや版仮面ライダー世界」の奥深さに気づくはずです。

←『イソギンジャガー・恐怖動物園』より。右が今回の『完全版』(作業中の原稿ですので、実際のものとは画質等異なります)。

70年代の少年必読! スペシャル対談・すがやみつる×桜多吾作

 巻末ではスペシャル対談を企画いたしました。お話してくださったのは、すがやみつると、マジンガーシリーズの桜多吾作。1970年代「冒険王」誌上で、2大ヒットTV番組のマンガ作品を連載した2人の大漫画家に当時のエピソードをお尋ねしました。苦労話やこぼれ話、そしてTV番組のマンガ版ながらオリジナルのストーリー展開による独自の面白さを生み出した、創作の秘密に迫ります。また作品解説は「講談社オフィシャルファイルマガジン・仮面ライダー」などを手がけた高橋和光。TV版との比較に留まらない多角的な視点で作品を分析します。

←対談中のお二人。左がすがやみつる、右が桜多吾作。

サンプルページ紹介

『完全版 新・仮面ライダー―哀哭編―』より名場面を抜粋! 今なお色褪せぬライダーバトルの魅力を確かめてほしい。
←「ゲル・ショッカー…悪魔復活の日の巻」より
次々と名乗りをあげるゲルショッカー再生怪人軍団! コミック版ならではのサービスシーンだろう。
→「仮面ライダー対ショッカー・ライダーの巻」より
復讐のためにライダーへの改造を申し出る風見志郎。彼はまだ改造人間の哀しみを知らない……。ショッカーライダー編で志郎が登場するという、フライングともいえる展開だ。
←「恐怖!デストロン……の巻」より
V3のピンチ! その躍動感あふれる画面構成は驚愕。誌面ならではの、視覚に訴える戦闘シーンの連続だ。




すがや先生直筆サイン本キャンペーンは終了いたしました。



続刊のお知らせ

4人ライダー幻の共演! 第2弾『怒濤編』2006年9月発売

『冒険王版 仮面ライダーV3』の後半、『別冊冒険王版 仮面ライダー』、『別冊冒険王版 仮面ライダーV3』を収録した第2弾『怒濤編 1号、2号、V3、ライダーマン』は9月発売です。現在の月刊誌では考えられない192ページの付録用長編『デストロン!日本壊滅作戦』『デストロン外人部隊』を収録。TVでは実現しなかった4人ライダーの共闘は、ファンなら誰もが夢に見た光景そのもの。その他、初単行本化エピソードはなんと15編。まさに永久保存版の内容です。ご期待ください!
■『怒濤編』紹介ページへ
■電子書籍版
 冒険王Ver. 完全版 新・仮面ライダー 哀哭編

[androidアプリ]   [BookLive!] [ebookjapan] [honto]
[iPhoneアプリ] [Kindleストア] [Kobo] [Reader Store] [Renta!]
[Varsity
 eBooks]
[Yahoo!
 ブックストア]
[まんが王国] [コープデリ
 eフレンズ
 電子書店]
[コミック
 シーモア]
[セブンネット] [ひかりTVブック] [mibon] [BOOK☆
WALKER]
[DMM.com]
[ニコニコ静画] [漫画全巻
ドットコム]
[Neowing] [au
ブックパス]
[紀伊國屋書店]
[フジテレビ
オンデマンド]
[yodobashi.com] [本よみうり堂
デジタル]
[TBSブックス] [読書の
お時間です]
[] [やまだ書店] [] [] []
[スマート
 ブックストア]
[いつでも書店] [コミなび] [BOOKGATE] [BooksV]
[Handyコミック]
[楽天マンガ] [] [] [] [BooksV]
(C)石森プロ